Skip to content

野球選手も練習にスマホを利用

平岡卓選手など、新しいスター選手がたくさん生まれたソチ・オリンピック。
このオリンピックに出場した選手たちの多くが、自分の練習する姿をスマートフォンで撮影し、動画をコーチに送るなどして、役立てていたと聞きます。
そして、オリンピックも終わっていよいよ春本番。
プロ野球開幕も近づきましたね。
レンジャーズのダルビッシュ有選手は、スマートフォンで投球する姿をスマートフォンで撮影して、投球フォームを修正していたそうです。
大げさな録画機器を用意しなくても、手元のスマートフォン 新機種で動画撮影をすれば、簡単に自分のフォームの確認ができるので、とても便利そうです。
また、撮影したフォームを遠方にいるコーチなどに送ることもできるので、ますます練習の幅も広がります。
これからは、スポーツの現場でもスマートフォンが大活躍しそうですね。

海外スマホで日本の技術

スマートフォンの市場を見てみると、いまではすっかり日本のスマホは三番手以下に交代しています。iPhoneやギャラクシーが世界のトップにあり、それ以外の機種は試行錯誤を続けている状態です。そんな中、日本の技術はスマートフォン本体を製造することでなく、人気機種に技術を提供するという形になっています。例えば日本の村田製作所やTDKといったメーカーは、製造を増産しています。そして、技術を今最も活況を呈している国である中国の企業などに向けて売り込んでいます。市場の勢いや機種の優位性は海外にありますが、技術力はやはり日本が世界のトップにあります。日本のスマートフォン関連技術は、今後は海外のメーカーに技術を提供することで生き残っていくのかもしれません。しかしながら、いつか日本から世界のトップシェアになるようなブランドが生まれることを期待しています。

海外スマホで日本の技術

スマートフォンの市場を見てみると、いまではすっかり日本のスマホは三番手以下に交代しています。iPhoneやギャラクシーが世界のトップにあり、それ以外の機種は試行錯誤を続けている状態です。そんな中、日本の技術はスマートフォン本体を製造することでなく、人気機種に技術を提供するという形になっています。例えば日本の村田製作所やTDKといったメーカーは、製造を増産しています。そして、技術を今最も活況を呈している国である中国の企業などに向けて売り込んでいます。市場の勢いや機種の優位性は海外にありますが、技術力はやはり日本が世界のトップにあります。日本のスマートフォン関連技術は、今後は海外のメーカーに技術を提供することで生き残っていくのかもしれません。しかしながら、いつか日本から世界のトップシェアになるようなブランドが生まれることを期待しています。

あり得ないことが報道?

テレビのニュースでも大きく取り沙汰され、デモなども起きている特定秘密保護法を巡る問題。中にはスマホでアメリカの新型輸送機の写真を撮るだけでも逮捕される・・なんてあり得ない噂まで報道されているとか。。このことはスマホレビューにも取り上げられていました。この保護法には明確なチェック体制や秘密の指定の妥当性などまだまだ足りない部分があるため、こんなに早急に決定する必要があるのか、政治の分からない私でも思いますが。国民の為に本当に必要であるなら、しっかりと整備していって欲しいですね。スマホやタブレット、パソコンにおいても秘密・・というか個人の情報、会社や企業の情報などはMDMというセキュリティが守ってくれますよ。今後、個人情報や国、自治体などの機密情報を漏洩、そして情報流出に関しても、もっとしっかりとしたセキュリティ体制が必要になることは確かですよね。

新機種を安く使う

スマートフォンの利用料については、毎月1万円近くなることもあり、結構大きな出費です。光熱費を合計した金額に近く、誰かと同居しているようなものです。このたび、NTTドコモではその回線を利用したMVNOサービスを利用することができるようになりました。通信費用を大幅に節約することができます。費用については、月額数百円からという驚きのサービスを利用可能です。MVNOとは、NTTドコモなどといった既存の通信会社から回線を借りてサービスを行うようなものです。参入コストが非常に低いので、低価格で通信事業を行っているのが特徴です。MVNOのSIMカードを使うことで、従来のスマートフォンよりもぐっと安くすることができるのです。MVNOサービスを利用する上での注意としては、NTTドコモのMVNOサービスであるために、NTTドコモのスマートフォン、あるいはSIMフリースマートフォンでのみでの利用となっています。

操作性に工夫が施された大画面端末LG G2

今年8月に韓国LG ElectronicsのAndroid搭載スマートフォン「LG G2」が発表されましたが、現時点では国内展開は未定とされています。でもこれまでの経緯から今冬の新モデルとして登場することは間違いないだろうと言われています。LG G2は、5.2インチフルHD液晶を搭載したAndroidスマートフォンですが、大画面でも操作性に工夫がされており、これまで本体側面や正面に配置されていた物理キーをすべて背面の1カ所に集めた「Rear Key」という新しい操作コンセプトを導入し、使いやすさを一番に考慮したデザインが特徴の端末だということです。大画面液晶を採用するも狭額縁設計を採用することで持ちやすいサイズ感に仕上がっているのも特徴で、本体サイズは138.5(H)×70.9(W)×8.9(D)mm、8.9mmと薄型なのにバッテリ容量は3,000mAhと大型バッテリを搭載しているのも嬉しいですね。今後日本国内の発売が楽しみな1台ですね。

使いやすそうなスマートウォッチを動画チェック

最近一番気になるサムスン製スマートウォッチの「ギャラクシー・ギア」。発売前から情報収集をしていたのですが、今日は動画でチェックすることが出来ました。動画といってもイメージ的なものではなくて実際に実機を素人の人が装着しているムービーです。ブレブレで酔いそうな動画ですが、やっぱり実際の製品の動きや見た目をチェックするにはこの方がわかりやすいですよね。男性が装着しているのですが、私としてはちょっとゴツめに感じました。その分画面が見やすいとか操作しやすいのでしょうね。話題にもなっているカメラ機能ですが、画面を上部から下部へスワイプするだけでカメラが起動するのにはちょっとした感動すら覚えます。撮りたい瞬間を逃さないというのはまさにこのことですね。でもリストバンドの側面辺りにレンズがあるので撮るときは引きで見ると多少怪しいポーズになるかもしれませんね。

日本初!新型アウディとは

実は、狙っている車があるんですが^^それがアウディのA1。試乗してから一気にファンになってしまいました^^今回見たスマホ関連記事には、アウディA3のスポーツバックの紹介が出ていたのですが、この車にはWi-Fiが搭載されているとのこと。このように、Wi-Fiに対応する車は日本では初なんだそうです。その記事には、「新型は、3G回線を利用することで、交通情報や天気、ガソリンスタンドの価格などをリアルタイムに取得。「グーグルアース」や「グーグルストリートビュー」と連動したナビゲーションが利用できる。車内では、スマートフォンやタブレットなど最大8台の端末が、Wi-Fi経由でインターネットに接続できる。」最大8台って^^車に乗っていて、8台も利用する人がいるんですかね^^スマホの便利さがここまできたか・・と思うことはよくありますが、車もここまで・・、必要?と思えるほど、進化してきているんですね~。でも、色んなところでネットが接続できる半面、セキュリティの強化、MDMなどの導入はもっと必要になるかもしれませんね。
関連リンク ascentnet.co.jp

メモだけとりたい…そんな時に

スマートフォン 新機種はますます便利になって、いろいろな場面で大活躍ですね。
私も、スマートフォンのカメラ機能を使って写真を撮ったり、スケジュール機能を使って毎日の予定を管理したりしています。
スマートフォンを使って、todoリストを作っている人も多いと思います。
とても便利なスマートフォンですが、ちょっとメモをとりたいだけ…などという時に、いちいちスマートフォンのメモアプリを立ち上げるのはちょっと億劫ということ、ありませんか?
そんな時に使いやすそうなのが、キングジムの『マメモ』という電子手書きメモです。
専用のペンで画面をタッチするだけですぐに起動して、手書きでメモを書き込むことができ、更にSDメモリカードを使えばパソコンにデータを送ることもできます。
ちょっとしたメモは、画面をタッチして文字を打ち込むよりも、手書きの方が気楽だったりするんですよね。
この『マメモ』、使い慣れると手放せなくなりそうです。
参考キーワード 新機種スマートフォン 比較

貴方の生活のお供に「GALAXY S 4」

近頃のスマートフォンの新機種で発売されるだけでかなり話題に上る端末といえばやはりサムスンのギャラクシーs3αなどに代表されるGALAXYシリーズやアップルのiPhoneシリーズですよね。今回はLife companion(生活のお供)という別名をもつ「GALAXY S4」に焦点を当ててみたいと思います。GALAXY S 4の発表では人生を“旅”に例え、「旅への参加を可能にするデバイスを求めていて、人生を充実させるお供になるものである」と端末より、新機能や端末がどのように生活で役立つかという解説がされたそうです。確かにスペック重視の解説やプレゼンよりも実際に役立てていく方向の解説ってなかなか説得力がありますよね。でもGALAXYシリーズというものは広い層に向けられた現時点で最先端な最高機種という製品なのでGALAXY Noteシリーズに比べてはやや焦点の絞りが甘いとも言われているようです。